BRAND STORYブランドストーリー

Andrew Martin

Andrew Martin [アンドリュー・マーティン]

「自分は今でも13歳の少年の気持ちのまま」と語るデザイナー、マーティン・ウォーラー自身の名前を冠したブランド、アンドリュー・マーティン。
1978年から世界中のまだ知られていない工芸品や文化遺産をモダンにアレンジした作品を発表。また美術館に収蔵のクラシック絵画をコラージュしたような作品、ビートルズをモチーフにしたファブリックなど、ミクスチャー精神に富んでいるのが、冒険好きで「インディ・ジョーンズ」と称されるアンドリュー・マーティンの個性となっています。
ロンドンのウォルトンストリートにあるショールームも、マーティン自身が世界各地の旅先で出会った絵画や工芸品などが東洋/西洋関係なく彼の美意識でコラージュされていて、さながら万華鏡のような驚きに満ちあふれています。その「どこにもない個性」は、世界の富裕層に根強い人気があることもうなずけます。
上質な素材にユーモアと遊び心あふれるコレクションは、発表ごとに私たち見る側を夢の世界に連れて行ってくれるような感覚で毎回楽しませてくれます。

Photo

Photo

Collection lists