BRAND STORYブランドストーリー

COLEFAX&FOWLER

COLEFAX&FOWLERコールファックスアンドファウラー

Sybyl Colefax( シビル・コールファックス ) は1930年に事業をスタート。彼女は人付き合いも広く友人や知人のサークルで口づてに広まり非常に成功した実業家になりました。
スタイリッシュでかつ温もりある快適なインテリアを創造するシビルの才能は評判を呼び、彼女はチャップリンやコール・ポーターなどのエンターテイナーや英国貴族の多くと一緒に、ウィンザー公やウォリス・シンプソンの公爵を含む王室とも関係を築きました。1938年彼女仕事の需要が増えて拡張しなければならなかった時、比較的控えめな予算で魅力的なインテリアを創造する若い内装デコレイター、ジョン・ファウラーと組むことになりました。1939年会社名はSibyl Colefax&John Fowlerに変更されました。
米国人ナンシー・ランカスターは、友人であるシビール・コールファックス(Sibyl Colefax)から装飾会社を買い取りました。
1954年、ナンシー・ランカスターはオックスフォードシャーの大規模な田舎の家を買収した。彼女とジョン・ファウラーは修復と装飾のために緊密に協力し、そこに作られた美しい部屋は、ColefaxとFowlerが祝われた英国のカントリーハウススタイルを表しています。1957年、ナンシー・ランカスターは彼女のロンドンの家を売却し、39Brook Street の店の上の部屋のセットで25年間の賃借で決めた。ジョン・ファウラーは大きな部屋を光沢ある黄色を描くよう説得。当時のオリジナルで革新的なイエロールームは、数年後には多くの人にとってインスピレーションの源泉となり、おそらく英国内装デコレーションの歴史の中で最も有名で最も影響力のあるインテリアになりました。ナンシー・ランカスターとジョン・ファウラーのビジネス・パートナーシップは20年以上続き、このペアは「最も不幸な未婚のカップル」と呼ばれました。彼彼らは本当に恐るべき装飾デュオとなり、ナンシー・ランカスターとの関係はファウラーの最高レベルに達し、首相官邸やバッキンガム宮殿のオーディエンスルームが結実となりました。1960年代に入り、John Parrが同社の株式の大半を得ました。ビジネスの洞察力と飾り付け経験のParrの組み合わせは、ColefaxとFowlerに新たな方向性を与えました。彼の指導の下で、社内の装飾チームの数が拡大しました。
ジョン・ファウラー氏は1971年に退職。Tom Parrは、ファブリックや壁紙の小売業への装飾事業の多様化を開始しました。1973年最初の既製のファブリックコレクションが開始されました。1982年のThe Brook Collectionではより広い顧客層にも届くようになりました。

Photo

輸入壁紙専門店 Wonderwall (ワンダーウォール)

ご来店予約、受付中 !
ご希望を含めご来店予約頂けますと
当日確実なご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

ページトップへ

  • Onlineshop
  • contact
  • ご来店予約
  • 新作情報
  • 店舗情報・アクセス