BRAND STORYブランドストーリー

Signatur [シグナチュ]

1950年代スウェーデンのデザイン黄金期に活躍した4名の女性デザイナーたちのコレクションです。異色は、テキスタイルデザイナーのJoy Zandénさん。活動の場をニューヨークに求めて、重いデザイン帳を持って沢山の会社を訪ねて売り込むも受け入れられず、失意の中でデザイン帳を地下室へ封印してしまう。70年近くもの長い間眠っていたデザインはJoyの娘によって発見され、94歳にしてデビュー。封印されたデザインは壁紙として陽の目を見ることになったのです。ご本人もとても素敵で活き活きとした彼女のデザインはタイムレスという言葉がぴったりです。

Photo